Welcome to Parallels!

If you are seeing this message, the website for is not available at this time.

If you are the owner of this website, one of the following things may be occurring:

  • You have not put any content on your website.
  • Your provider has suspended this page.

Please login to to receive instructions on setting up your website


New to Parallels?

Parallels is a worldwide leader in virtualization and automation software that optimizes computing for consumers, businesses, and Cloud services providers across all major hardware, operating systems, and virtualization platforms.

For the Cloud, Parallels automation and virtualization software enables cloud services providers to rapidly and profitably deliver the widest range of cloud services that small businesses want and need. Our software includes key building blocks of cloud service delivery - self service control panels, billing, cloud service provisioning and virtualization. We enable the delivery of all types of services that small businesses need - shared web hosting and web applications, messaging and collaboration services, virtualized infrastructure services and thousands of other applications.

Our Automation products allow businesses to optimize their systems to maximize profit. Our Virtualization products allow personal computers to run several operating systems on one computer (like OSX and Windows) and for individual servers to function like many servers at once for creating cloud computing environments.

This website was created using our Parallels Panel product. We offer a full line of Billing, Sitebuilder and cloud computing tools. Please visit www.parallels.com to find out more information.

Test pages

Parallels Plesk Panel provides several test pages that you can use for checking the scripting features, testing database connections and mail sending. Click an icon to see test pages for different scripts:


FastCGI Python PHP Perl SSI

Consumer Products

Parallels®
Desktop for Mac

The best solution for running Windows, Linux, or any of many other operating systems alongside OS X.

Parallels® Desktop for
Windows and Linux

Simultaneously run multiple operating systems on your PC

Service Provider Products

Parallels® Automation

Hosting, SaaS, and cloud computing automation solution.

Parallels® Panel

The Best Control Panel Ever For Easy, Complete and Profitable Hosting

パンフレットのデザイン・発行部数いろいろな角度から作成を考える |

パンフレットのデザイン・発行部数いろいろな角度から作成を検討

経済的な作成

経済的なパンフレット作成のコツ

経済的な作成一口にパンフレットといっても実際にパンフレットを読んでもらいたいターゲットやパンフレット作成の目的により、どのプロセスに経費を多く分配するかは違ってきます。一般消費者をターゲットにした商品やサービスのご案内を例に挙げると瞬間的に商品やサービスの魅力を知らせる必要があるので、イメージ写真や食品をおいしそうに見せるシズル写真などの仕上がりがターゲットにアピールできる最大のポイントとなります。

ですのでパンフレット作成の写真の撮影には経費をある程度かけて技術力があるカメラマンに頼むのがコツになります。

またパンフレットのターゲットが法人のときや業務用の製品を扱っているときは、写真の仕上がりよりコピーや説得力のある記事が大切になってきます。
このようなパンフレット作成には写真の撮影にかける経費を抑えておくのも経済的なパンフレット作成をするコツになります。

パンフレット作成にかける経費は全てのプロセスで一律に減らさずに、読んでもらいたいターゲットやパンフレット作成の目的によって、どんな経費を抑え、どんなプロセスに経費をかけるのかを考慮して総合的な経費を減らしていくのがコツになります。

パンフレットに掲載する文章を入手する方法として、取材を行ったりインタビューを行ったりすることがありますが、具体的な方法は業者のスタッフがパンフレットを発行する会社などを直接訪れるというのが一般的なのですが、経費節減のコツとしてアンケート用紙を取り交わす方法があります。

取材しなければならない対象がたくさんあるときや、とても専門的な内容のときは相当時間がかかるため取材現場に出向いて、初めてインタビューが行われるのではなく、前もってある程度の情報を書類やメールなどで取り交わしておきます。

実際に対面して会話をした方がたくさんの情報やその場の雰囲気などを知ることができますので全ての取材を書類やメールで済ませるわけにはいきませんが、上手に利用するのが経費や時間を節約できます。

パンフレットのデザインも大まかな方向性を前もって決めておくのがコツです。
既にあるパンフレットなど題材はなんでもいいのですが、大まかな方向性を伝えられる素材を見つけておくと良いです。

言葉だけで説明しても、方向性を理解するのに手間や時間を費やすことになります。
デザインは、こんな雰囲気にして欲しいといった要望や、こんな雰囲気にはして欲しくないという風に、どんな方向に進めていけばいいのかを示していくことが重要です。

方向性を示せなくても、業者は何とかしてデザインを試みてはくれますが、提案されるデザインが的外れになる可能性もあり結果的にそれでは非効率です。

★パンフレット作成時には折り目も大事です

パンフレットというものは、色々なタイプがあります。単なる冊子型の物だけでは無く、大きな紙を折り込む形で見る時に引き出すというタイプを希望される方もいらっしゃいます。この場合、ただ大きな紙を冊子のサイズに合わせて折り込めば良いというわけでは無いのは意外と知らないものです。

せっかく大きな紙に目を引くために大きく印刷をするという手法を使うというのに、残念な仕上がるになってしまうことも多々有ります。パンフレット作成時には、自社でデザインを作り入稿するというタイプの物が一番安く仕上がるというメリットがあります。

以前にもパンフレット作成をしたことがあるという企業では、この手の入稿システムでパンフレット作成をすることが多いのです。しかし、それは今までの普通の冊子タイプの物を作成する場合に限ります。

単なる見開きでなく、大きな紙を折り込むタイプの物を作成するときは折り目が大事になってきます。不思議なことに、人の目線は開く前の折り込んだ状態をまず頭にインプットするのです。ですから、折り目を考える時に中途半端に見える状態ではなく開いた時に目にパッと入るという効果を狙うこともあるのです。

どんな効果を狙うかによって、この折り目を考えながらパンフレット作成をして行くのが一番良い方法なのです。プロのデザイナーは、そのような視線による効果を一番知っているのです。

まずは、どんな効果を求めて大きな紙を折り込むのかを伝えてデザインを一緒に検討して作成して行くのが良いでしょう。また、この手のパンフレットでは折り目をつける際は人の顔を折らないという手法が推薦されることがあります。それは、やはり人の目に入ったときに顔の部分を折ってしまうと不思議と良いイメージを受けないということがあるからです。

人でなく商品である場合も、メインの商品の一番見せたい部分を折ってしまうと人の目に入りにくいと言うことがあります。この場合、印刷の際に見せたい商品のもっとも見て欲しい部分に折り目を作らないというデザインにすると良いのです。

この辺りは、デザイナーと検討しつつ決めて行くのが一番良いのです。最後にもっとも検討して戴きたいのが、紙の折り方です。二つ折りにするのか、三つ折りにするのか四つ折りにするのかでも開く時の印象も違うものです。また、均等に折り込むタイプにするのか。変形の折り込みにするのかでも、大きく印象が変わってくるため検討が必要です。

★効果的なパンフレット作成の方法

普段の生活の中には、マンションの不動産広告など色々なパンフレットに触れる機会があります。
ビジネスシーンなどでは、自分の会社の商品カタログや取引先の会社案内など手にするパンフレットは相当な数になります。

パンフレットを手にした人が読みたくなる効果的なパンフレット作成のプロセスにはポイントがあります。

パンフレットには、会社案内や商品カタログ、商品やサービスの広告など色々な種類のものがあります。
そのためパンフレット作成には、手始めにどんなパンフレット作成をしたいかや、パンフレットを読んでもらいたいターゲットは誰になるのかをベースにして、パンフレットに掲載する内容を考えていきます。

例えば、会社案内のパンフレットには会社の名前はもちろんのこと、会社の住所や電話番号といった基本的な情報だけでなく、どんな事業を展開しているのかや今までの会社の歴史である沿革などについては欠かせない内容になります。
そして、パンフレットに掲載したい内容が決定したら、パンフレット作成の次のプロセスは構成の決定です。

例えば、会社案内なら社長やCEOのご挨拶から始まり、どんな事業を展開しているかや沿革について掲載し、一番後に会社の名前などといった基本的な情報をレイアウトするといった具合にパンフレットに掲載する情報の順番を考えていきます。

パンフレット作成の構成のプロセスが固まったら、次にパンフレットのキャッチコピーを考案していきます。
商品カタログのパンフレットを例にすると、その商品をお客様に購入してもらうためには、その商品に関心を持って貰う必要があります。

ターゲットにしているお客様に商品の関心を持ってもらう役目を果たすことができるのが、その商品のキャッチコピーで、キャッチコピーの出来栄えにより、その商品の売り上げが変わってくるほど大切な役目があります。

これまでのプロセスで決められた構成やパンフレットのキャッチコピーをベースに、実際にパンフレット作成をするデザインについて考えていきます。
パンフレット作成に使用する紙の質や、パンフレットのページ数、開き方などのパンフレットの装丁、実際に使う色と色の種類の数を具体的に決めていきます。

紙の質とパンフレットの装丁については、パンフレットの仕上がりに高級感があるかどうかなどに影響するために、パンフレット作成する目的によって決めていきます。

ターゲットとなるお客様が読みたいと感じる効果的なパンフレットは作成する目的やターゲットとなるお客様が誰になるのかを考えて作成するのがポイントです。

最近の投稿