パンフレットのデザイン・発行部数いろいろな角度から作成を検討

制作部数に注意

パンフレット作成の際には、制作する部数に注意が必要

制作部数に注意店頭で見かけたパンフレットが気になって、後日改めて出かけたところ、すでに品切れになっていたという経験をお持ちの方は、決して少なくないのではないでしょうか。

たとえパンフレットが再入荷する日程がわかったとしても、そのころにはすでに商品に対する情熱が冷めてしまっていたり、あるいは再度出かけるのは面倒だと思い、結局諦めてしまうこともあることでしょう。

どんなに評判が良く、人気の高いパンフレットであっても、必要な時に準備することができなければ、販促ツールとしては失格といえます。そのため必要な時に、必要な数だけ使用することができるよう、パンフレット作成の際には制作する数を決める際に、細心の注意を払うことが非常に大切だといえます。

パンフレットやチラシなど、印刷物の場合には、制作する部数が多くなれば多くなるほど、1部あたりの単価は安くなる傾向があります。そのためパンフレット作成の際には、どれくらいの期間内に、どれくらいの数が必要になるのかということを、関係するメンバーでよく検討し、印刷する数を決めるということがとても重要です。

たくさん印刷すれば、1部あたりの単価が安くなるからといって、必要以上に制作することは大変不経済です。けれどもパンフレットが足りなくなったからと言って、少部数を追加で制作すると、思っていた以上に単価が高くなってしまうことがほとんどです。これはパンフレット作成の際には、何部作成するかに関わりなく必要になる経費があるため、少部数を追加で制作する際には、単価がかなり高額になってしまうためです。

魅力的な写真やイラスト、わかりやすい文章などで構成されているパンフレットは、商品の販促のためのツールとして、非常に重要なアイテムといえます。けれどもパンフレットが必要な時に、必要な部数が用意することができるよう、制作する際には部数を慎重に決めることが非常に大切になります。パンフレットが不足することがわかり、追加で印刷する場合には、制作するための時間も必要となり、また思っている以上に高単価になってしまうため、経費面でもお勧めできません。

パンフレットに掲載する内容によっては、使用することができる期間が限られてしまうことも少なくないため、パンフレット作成の際には使用可能な期間をよく検討し、その間に過不足なく使用することが可能な数をきちんと算出した上で、制作することが大切だといえるでしょう。

最近の投稿